ごあいさつ

障害のあるたくさんの子どもたちに、もっとプールでの水遊びやスイミングの楽しさを味わってほしい!

スイミングスクールに入れないこどもたちを、一緒にサポートしてほしい!

そして家族の方やまわりの人たちにも、障がいがあっても、こんなすごい事ができるという事を知ってほしい。

特定非営利活動法人ジョイ・スイミングボランティアは、こんな思いを持ちながら、障がい者のプールでのサポート活動をしてきた仲間たちが集まって、「いま私たちにできることは何か?」を真剣に考え、きちんと責任を持って、継続して障害のある人たちに対して、プールを中心とした支援活動の輪が広げられるように、有償のボランティアとして展開することに決めて立ち上げました。

最初は、誰でも泳げない 不安があるもの。

特に障害のある子どもたちは、プールの雰囲気や水になれるのに時間がかかります。でもだいじょうぶ、私たちがマンツーマンで、プールでの安全を十分に確保したうえで、 「 !!」を合言葉に、水遊びや顔付けから、ステップを踏んで泳ぎを指導、それぞれの年齢・障がいの程度や身体機能にあわせて、全力でサポートしていきます。

水泳は、陸上の運動と違って、怪我が少ない全身運動で、からだの発育にも最適のスポーツで、水の中でのスキンシップや開放感も見逃せません。

どうか、みなさまのお子さまを、一度プールの私たちの活動にお連れください。そして、体験してみてください。たくさんの参加をお待ちしています。

また、私たちのこうした考え方に共感し、一緒にサポート活動していただける、ボランテイアスタッフの参加も心からお待ちしています。

最初は、誰でも泳げない 不安があるもの。